2011.12.07 Wednesday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2011.12.04 Sunday

    【絶対衝撃トレード】アフタートレードNEXT レビュー

    0

      【絶対衝撃トレード】アフタートレードNEXT 

      アフタートレードNEXT



      下記のサイトで購入すると最大10000円引きになります!
      【絶対衝撃トレード】アフタートレードNEXT




      例えば、日経225先物の最低単位である、1枚(mini 10枚)の取引の場合、

       


      2007年8月のサブプライムショックをきっかけとし、
      日経平均が、3カ月(2007年10月〜2007年12月)で約1,400円の暴落をした時、

       


        「アフタートレードV」は、3ヶ月で139万の利益!!

       


      2008年10月、リーマンショックから
      日経平均が、ひと月で約4,500円もの大暴落に見舞われた時、

       


        「アフタートレードV」は、1ヶ月で386万円の利益!!

       


      2007年8月から、2008年11月までの間、
      実に、日経平均は約10,000円もの大暴落をし、100年に1度といわれた金融危機の中、

       


        なんと!!「アフタートレードV」は、その間810万円の利益!!

       

      【絶対衝撃トレード】アフタートレードNEXT

       

       

      このように「日経225先物」の特性を上手く活用すれば暴落=損失ではなく、
      逆に、下落相場の方が利益を「爆発的」に伸ばすチャンスとなるのです。

      日経225デイトレード

       


      ハイリスクもコントロールさえできればハイリスクでは無くなるのです。

       

       

      アフタートレードNEXT アフタートレードNEXT アフタートレードNEXT

       

       

       

      さて、この「アフタートレード」では、夕方からの時間を狙い取引をするのですが、
      これは、ただ単に多くの個人投資家の方が取引出来る様、配慮しただけでは御座いません。

      【絶対衝撃トレード】アフタートレードNEXT

       


      一番の理由は・・・

       


      日中の取引では存在しない、利益を上げる為の情報が存在しているからです。

       

       

       

      「そんな大切な情報なら、何故昔からないの?」

       


      と思われるかもしれません。
      ですが、この情報は過去には存在しなかったのです。

       


      「???」

       


      少し、日経225先物の取引時間について解説しますと、
      現在の取引時間は、

       


      日中:9:00〜15:15
      夕場:16:30〜3:00(翌)
      ※夕場=ナイトセッション(夜間取引)
      ※取引終了時間が、本年(2011年)7/19より23:30時から3:00(翌)へ延長となりました。

      投資初心者・アフタートレード 【絶対衝撃トレード】アフタートレードNEXT

       


      実は、この中の夕場は2007年9月中頃より開始されたのです。
      (まさに、サブプライム問題の直後です)

       


      結果、過去には夕場の情報を盛り込む事ができなかったのです。

       


      ですが、現在ではスタートして間もなく3年となり、
      検証データーと十分使える環境となったからこそできたシステムなのです。

       

       

       

       

       

      わたしは個人の方が投資をされるなら、
      間違いなく!システムトレードを奨めます。

       


      みなさんは、負ける投資家の、最大の要因は何だと思われますか?

      【絶対衝撃トレード】アフタートレードNEXT アフタートレードNEXT

       


      「投資初心者だから・・・」
      「テクニカルな手法を知らないから・・・」
      いいえ、違います。

       


      「感情に負けるから・・・」
      そうです。負ける投資家の、最大の要因は「人間の感情」です。

       


      いくら、有効な投資手法を学んだとしても、よ程感情を抑えられる人でない限り、
      ルールを持たない裁量取引で行うと、目の前の状況に流され誤った方向へと向かうのです。

       

       

       

      その点、システムトレードとは、あらかじめ決められたルールに従い運用しますので、
      精神的負担も少なく、感情にも流されにくい運用が可能となるのです。

       

       

       

      また、従来のトレードシステムでは、大きな利益を狙う事が中心で、
      その分、負ける時の金額も大きく、特に継続的に資産を増やすという点においては
      不完全な物となっていました。

       


      しかし、この「アフタートレード」では
      今までのシステムにはない●●●や●●の情報を盛り込み売買シグナルを出していますので

       


      他のシステムにはない安定したパフォーマンスが得られるのです。

       


      更に、今回アフタートレードVから「アフタートレードNEXT」へとバージョンUPされ、
      取引時間延長に対応しただけでなく、パフォーマンス的にも向上されました。